今後の研究の原動力に
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

今後の研究の原動力に

9月1日(水)午前中、大学院看護学研究科にて、修士論文の研究計画発表会が開催されました。実践と大学院での学びを統合させ、さらに現場の課題を解決するために、時には壁にぶつかりながら、それでも看護をよくしたい、患者・家族の健康と生活をよりよくするための看護をしたい、という情熱を持ち続けながら、ここまで来た大学院生3名の発表でした。

スクリーンショット 2021-09-03 17.18.11

コロナ禍という状況のため、リモートでの発表会でした。発表者3名は、距離を確保し、マスク着用で、研究科長に見守られながら研究計画を発表し、心強かったことでしょう。

図2

リモート参加された教員および大学院生は80名以上で、座長の進行のもと、活発かつ誠実に、今後の研究の原動力になるような意見交換がなされました。



読んでくださりありがとうございます。
山梨県立大学の公式noteです。学生と教職員の「人が見える、声が聞こえる」noteを目指します。よろしくお願いいたします。