見出し画像

9月卒業の学生を送り出しました。これからもよろしくお願いします

本日は今月卒業する学生の学位授与式(=卒業式)でした。国際政策学部4名、人間福祉学部2名、看護学部1名の合計7名に「学士」の学位が授与されました。

このご時世、残念ながら出席者の数も抑えた簡素な式典になりましたが、晴れの日であることに変わりはありません。

最近は留学やインターンなど、在学中に学外で自らを鍛えることに時間を費やそうという学生もいて、9月に卒業する学生が増える傾向にあります。僕が送り出したゼミ生も休学期間中にプロの編集者のコミュニティに飛び込み、スタジオジブリのプロデューサーである鈴木敏夫さんにインタビューをして記事を書いたり、ブックライターとして本を出版したりと大学ではできない経験を積んで卒業していきました。

たまたまきょうは、2人の卒業生と夕飯を一緒に食べました。仕事の領域が近いので引き合わせる機会をつくったのです。仕事や生活のこと、2人ともいい表情で話してくれました。卒業したら二度と会えない学生もいます。でも、卒業生にとっては、同じ大学にいた仲間、同じ大学にいた先輩後輩は大切な資産です。その資産は増え続けます。大学も「ご縁づくり」という形で、なにかしら卒業生に貢献できたらと願っています(僕はむしろ卒業生にお世話になっていますが)。

卒業生のみなさん、ご卒業おめでとうございました。そしてこれからも、よろしくお願いいたします。

これからもよろしくお願いします。
7
山梨県立大学の公式noteです。学生と教職員の「人が見える、声が聞こえる」noteを目指します。よろしくお願いいたします。

こちらでもピックアップされています

ふだんの学生・ふだんの大学
ふだんの学生・ふだんの大学
  • 33本

ふだんの学生や大学の姿をお伝えしていきます。山梨県立大学の在校生や職員が書く記事をまとめます。