「自粛警察」という現象をどのように解釈し生きるのか
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「自粛警察」という現象をどのように解釈し生きるのか

川元 克秀 看護学部 教授

 社会学的に思考するとは、ある「問い」にまつわり絡まった思考の『糸』を1つずつほぐし、紡ぎ直すような意識の過程です。なので私は高校生の皆さんに向け、2つ『問い』を投げ掛けようと思います。その第一として提示するのは、ヴァーツラフ・ハヴェルの「力なき者たちの力」に関連した視点です。

 皆さんは日頃どれくらい、「私は自己の判断により生きている」と感覚しているでしょうか。ちょっと固い言い方に換えれば、皆さんは自己の日常について『構造(社会の装置性)』と『個性(行為の主体性)』のどちらが優位に働き、生活が形作られている、と認識しているのか。即ちこれは、「私たちには、世間の波と流れに乗って(仕組まれて)生きている側面がどれくらいあるのか」、という疑問の提起。

 この点に関連しハヴェルは、「オートマティズム(自動運動化)」という観点を示しています。即ちこれは、人々の『自動運動化』した『習慣』が、社会の現状保全機能を強化しやすい、という指摘。

 だからこそ、皆さんへの第二の『問い』は、コロナウィルス感染拡大時に世間で確認された「自粛警察」という現象を、どのように解釈し位置付けますか、という投げ掛け。看護学部で学ぼうとする皆さんは、自主的に「自粛警察」を始める人々の内に、どのような『動機』を見い出すのか。そしてその『動機』は、皆さんが医療者を目指す理由と、どこが異なっているはず、なのか。

 社会が「スッキリ」している時、そこはもう、一つの『色』しか許さない世界になっているのかもしれない。だからこそ県立大では、あなたならではの『豊かな色』を、心から待っているのです。

読んでくださりありがとうございます。
山梨県立大学の公式noteです。学生と教職員の「人が見える、声が聞こえる」noteを目指します。よろしくお願いいたします。