Mt.Fujiイノベーションキャンプ2021」で受賞しました!
見出し画像

Mt.Fujiイノベーションキャンプ2021」で受賞しました!

2021年9月12日に開催された山梨県主催「Mt.Fujiイノベーションキャンプ2021」のビジネスプランコンテストにおいて、国際政策学部国際コミュニケーション学科3年生の笹井ののさんがSTARTクラス最優秀賞とアントレプレナーシップ賞をダブル受賞しました。

題目:ダンス専用シューズ“踊るっシュ”
内容:ダンサー目線による、ダンスための専用シューズ“踊るっシュ”の開発

この事業は、起業したいと考えている方などのビジネスプランづくりを支援するため、各界のスペシャリストによる指導(メンタリング)を経てコンテストを実施するものです。

以下は、受賞した笹井さんからのコメントです。

実は当初、ダンスに関連した別のプランで、大学の杉山先生にご紹介頂き、プレイベントへの参加を決めました。当初のプランは、全くビジネスプランと言えるものでは無かった為、最初のメンタリングで、自分のプランを1から作り直し、踊るっシュにたどり着くことができました。

「踊るっシュ」は、ダンス専用シューズです。「踊る」×「シューズ」で「踊るっシュ」です。ストリートダンスには、専用シューズがなくバスケットボール用や、スケートボード用に開発されたシューズが今現在使用されています。そこでダンス専用シューズである「踊るっシュ」を考案しました。

ダンス特有の動きが原因で壊れやすい特定の部分の強化と、踊る場所に伴い、形状や素材を変えたソール展開がこのシューズの特徴です。

このキャンプを通じて、様々な方と知り合い、ご協力をいただきました。私は人前で話をする事が苦手なうえに、初めてのプレゼンだったため、人に自分の想いを伝えることの難しさを強く実感しました。今回のプランの根源となる「なぜ私がやるのか」という私の熱意が思うように伝わらず、大変悔しい思いをしました。予選通過できなかったイノキャン2日目の夜の悔しさは一生忘れないと思います。

最終的なプレゼン内容は本番の15分前に完成し、そこからはどこまで自分の思いを届けられるようにプレゼンするかという時間との戦いでした。今思うと、今までに経験したことがないほどの課題が要求され、とにかく自分のプランをよりよいものにするために、精一杯しがみついていった過酷な三日間でした。しかし、イノキャンで自分が一歩踏み出すことで、今まで知らなかった環境、人とつながることができ、行動力の重要性を感じました。

結果発表で名前を呼んでいただいた時は、驚きで胸がいっぱいになり、思わず涙が出てしまいました。

改めてメンターの方々、このようなご時世にも関わらず素晴らしい環境を作っていただいた運営スタッフの皆様、このイベントに出場することを後押ししてくださった杉山先生、先輩に感謝します。
(国際政策学部国際コミュニケーション学科3年:笹井のの)


これからもよろしくお願いします。
山梨県立大学の公式noteです。学生と教職員の「人が見える、声が聞こえる」noteを目指します。よろしくお願いいたします。