本学学生が第41回長崎県中国語コンクールで最優秀賞を獲得しました。
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

本学学生が第41回長崎県中国語コンクールで最優秀賞を獲得しました。

2021年2月に開催された「第41回長崎県中国語コンクール(長崎県日中親善協会主催)」において、国際政策学部国際コミュニケーション学科2年生の鎌田咲玖羅さんが「初級(学生)の部」で見事、最優秀賞(1位に相当)を受賞しました!このコンクールは1979年の長崎~上海間定期航空路開設を記念した「長崎県中国語弁論大会」として始まり、1980年から毎年開催されているたいへん歴史のある中国語コンクールとなります。審査は、発音の正確さ、イントネーション、総合表現力の豊かさなどの観点から行われました。受賞した鎌田さんのコメントをご紹介します。

 私は今回、第41回長崎県中国語コンクール「初級(学生)の部」で最優秀賞を受賞させていただきました。今年はスピーチを、会場審査ではなく画像審査で評価されることになりましたが、無事開催していただけて安心いたしました。
 もともと私は別のコンクールに出場しようと考えていたのですが、新型コロナウイルスの影響で出場を諦めようとしていたところ、中国語の授業でお世話になっている賀南先生にこのコンクールを紹介していただきました。新型コロナウイルスにより様々な自由が制限される中、時間を無駄にしないよう今、自分にできることに取り組んでいると、悲しい事だけではなく、巡り合える良い事もあるのだと感じました。また、私には共に中国語を勉強し刺激をもらえる友達がいたおかげで、モチベーションを上げることができたので、私自身もそのような存在でいたいと思います。
 そして、このような賞をいただけたのは、私自身の練習だけでなく、親身にご指導いただいた賀南先生のお力添えがあってのことです。これからも常に目標を持ち、中国語の検定や勉強に励んでいきたいと思います。
国際政策学部国際コミュニケーション学科2年 鎌田咲玖羅

第41回長崎県中国語コンクールの結果につきましては、以下のホームページをご参考ください。

文:賀南(国際政策学部国際コミュニケーション学科教員)
編集:兼清慎一(広報委員)


これからもよろしくお願いします。
山梨県立大学の公式noteです。学生と教職員の「人が見える、声が聞こえる」noteを目指します。よろしくお願いいたします。