見出し画像

卒業生から高校生向けにメッセージをいただきました。

卒業してからも在校生への就活のアドバイスや頼み事を快く引き受けてくれる卒業生のみなさん。大学にとって貴重な財産です。高校生向けに、国際政策学部の卒業生がメッセージを寄せてくれました。

三森早百合さん(お仕事:商業施設運営会社)
商業施設の運営業務(プロパティマネジメント)に携わっています。ひとりで4つの物件を担当しています。
学生時代は、イベントなど「人を動かす仕掛けづくり」をしたいと考えていました。そんな時、商業施設を裏側で支える運営の仕事の存在に気が付き、日々変わりゆく施設に沿った販促を行えることに魅力を感じ、今の仕事を志望しました。
視野が広く、チャレンジ精神旺盛な仲間と過ごした時間は人生の糧になりました。学園祭の実行委員長やオリエンタルランドでのインターン…勉強はもちろん、やりたいことに背中を押してくれる最高の環境でした。
学生は、可能性が無限大です。ありふれた言葉かもしれませんが、みなさんは何にでもなれます。それを後押しする環境が、山梨県立大学にはあります。どんどん羽を広げて、いろんな場所、いろんな発見をしてください。
石射蘭奈さん(お仕事:航空会社の旅客サービス)
大学生活は、今までで一番挑戦し楽しむことができた4年間でした。山梨の魅力を発信したい、という想いを持ち、小菅村や甲府駅周辺のPR活動、昇仙峡でのツアー実施など様々な活動を行いました。
また、今までの経験から学んだことを形にするために山梨県地域通訳案内士の資格を取得しました。
山梨県立大学は、自分の興味のあることに挑戦でき、それを応援してくれる環境があると思います。就職活動の際には、大学生活の活動内容の全てを伝えきれないほど、ユニークな体験が多かったことに気づかされました。
私は現在、山梨と直接的に結びついたお仕事はしていませんが、大学生活で身に付けた、全てを楽しみ、自発的に取り組む姿勢を活かして生活をしています。
梅田菜々子さん(お仕事:食品フランチャイズの店舗運営)
大学生活を振り返って、あの4年間に名前をつけるなら「出会い」です。山梨県立大学での出会いは私の人生においてかけがえのないものになりました。
入学当初、当時のゼミの先輩から、こんなことを言われました。
「どこの大学に行くかじゃなくて、どんな人と出会うかが大事だよ」まさにその通りだったなと思います。
遊ぶことに全力な愉快な先生とゼミ仲間、学食を作っちゃう破天荒な友人、海外留学に共に旅立った友人、おしゃれで美人な友達、一緒に朝バイトを乗り越えた友達、、、。あまりにも退屈しない4年間でした。個性派集団に囲まれ、自分のやりたいことを見つけ、いろんなことに挑戦できました。
それも全て、最高すぎる出会いがあったからです。今でも大学生活の楽しかった思い出が、私の励みになっています。

卒業生のみなさん、ありがとうございました。また、ご活躍の様子を教えてください。

文:兼清慎一(広報委員)

これからもよろしくお願いします。
7
山梨県立大学の公式noteです。学生と教職員の「人が見える、声が聞こえる」noteを目指します。よろしくお願いいたします。