見出し画像

大学はみなさんの目標を探す場所|松井亮太

私は山梨県立大学で「経営学」という授業を担当しています。
経営学というと、どんなイメージを持ちますか?「なんだか難しそう」とか「経営者(社長)になるための学問かな?」と感じる人も多いと思いますが、実は経営者だけでなく世の中の多くの人にとって役立つ学問です。

簡単に説明すれば、経営とは「組織や人が目標を達成できるようにすること」を意味します。この記事を読んでくださっているみなさんは、現在も何らかの目標を持っていると思いますし、大学に入学した後も、大学を卒業して社会人になった後も、色々な目標を持つことになるでしょう。

目標を達成するためには、「気合い」や「能力」、時には「運」も必要になってくると思いますが、それらだけで目標が達成できるわけではありません。目標達成には、『戦略』『組織』『目標管理』『意思決定』なども重要になってきます。これらの戦略・組織・目標管理・意思決定などについて学ぶのが、経営学の目的です。大学で経営学を学ぶことは、みなさんが人生で目標を達成する上できっと役立つはずです。

私の授業では様々なビジネス事例を取り上げながら説明します。その理由は、みなさんには大学卒業後の進路として色々な可能性を考えてもらいたいからです。特に最初の就職先は人生の分水嶺のようなもので、みなさんの仕事観や人生観に大きな影響を与えることになるでしょう。一昔前と比べれば、最近は日本でも転職しやすい環境(転職市場)が整ってきたのですが、それでも、最初の就職先がみなさんにとって望ましいものであってほしいと思います。世の中にはみなさんがまだ知らない企業や組織、ビジネスがたくさんあります。それらの事例を学びながら、大学でやりたいことや大学卒業後の進路などを考えてみてください。

若いみなさんには無限の可能性があります。みなさんが自分の無限の可能性に気づき、将来やりたいことを発見するためのお手伝いをしていきたいと思います。

これからもよろしくお願いします。
6
山梨県立大学の公式noteです。学生と教職員の「人が見える、声が聞こえる」noteを目指します。よろしくお願いいたします。

こちらでもピックアップされています

山梨県立大学国際政策学部
山梨県立大学国際政策学部
  • 29本

山梨県立大学国際政策学部の記事をまとめたマガジンです。国際政策学部には総合政策学科と国際コミュニケーション学科があります。国際政策学部に関心がある高校生はぜひこちらをフォローしてください。